ノーマルを知ろう

セキセイ

セキセイインコの原種色ノーマルです。

なんか久しぶりに見ませんか、この色。
もう最近では中々みませんよね。

原種色というのは野生の鳥の色です。
色変わり品種に対して、野生の色という意味で「ノーマルカラー」と呼ばれてます。ですが、今の飼鳥界では、ノーマルは「完全に野生と同じ」とは言い切れない場合があります。

例えばこのノーマルセキセイのペアを見つけて購入したとしましょう。これが本当に野生と同じ遺伝子情報を持っていたとしたら生まれてきたヒナはすべて親と同じ野生色です。

ところがペットショップ出身のノーマルペアの子は、おそらく兄妹に色々な色の子が混ざるでしょう。そうなると、このノーマルカラーの親が持つ羽色の遺伝子は、おそらく色々な色遺伝子を持っているのだろうと分かります。だって、野生のセキセイは、野生色の遺伝子しか持っていないのですから。

青いセキセイが生まれれば青い遺伝子を持っているのでしょう。
白いセキセイが生まれれば白い遺伝子を持っているのでしょう。

青い遺伝子も白い遺伝子も、
片親が持っているだけではヒナには出ません。
両親ともに持っていて、
それぞれがヒナに受け継いだ場合にだけヒナの羽色として現れます。

ということは、両親とも色々な遺伝子を持っているということになります。

別の方向から見てみましょう。

色変わり品種というのは、とにかくキレイです。
この画像のような野生色のセキセイに比べ、薄いクリーム色や鮮やかなブルー、そしてレインボー。セキセイには数え切れないほどの様々な色変わりが作られています。

そんな中、この野生ノーマルカラーはどうでしょう。
少し地味ではないですか?華やかさも欠けています。

そりゃそうですよね、野生では草原に暮らすセキセイですから、鮮やかではすぐ捕食されてしまいます。草原の草の色に溶け込むように、草原にいれば目立たないように、何世代も経て積み上げてきた保護色なのですから。

ですが、美しい色変わり品種を産ませるために組んだペアからノーマルカラーが生まれたら・・・その色は安く売られます。人気がないからでしょう。それはまるで格下とでもいう扱いです。格下であっても、キレイな色変わりから生まれたノーマルですから、やはり色変わりの遺伝子を受け継いでいて、たまたまその子の色としてはノーマルカラーが出ただけなのですが。


でもね。
私、ノーマルカラー、好きです。

ペットショップ時代にたくさんの鳥を見てきました。
それはハンパない数の鳥を見ましたよ。
きれいな色変わりも見ましたし、超レアな鳥も見ました。

人というのはそういう美しい特別なものに魅了されます。
私自身、ブランド品には一切興味ない性格ながら、
レアな品種や珍しい種類などに魅了された時期があります。
まぁ、たくさんの鳥を扱うペットショップ店員としては、
それ位知っておかないと、という気持ちもあったのですけどね。

で、色々な品種をみていくうちに・・・・ノーマルの美しさにも気がつきました。

確かに美しい品種はどう見ても美しいんです。

ただ、ノーマルはそれが野生で飛んでいる姿を思い起こすと、それはそれは見事な美しさを感じます。

野生セキセイの群れが飛ぶシーンの画像をググってみてください。同じ色の無数のセキセイが飛ぶ姿。これが自然による造形だと思うと感動します。そして飛んでこそ美しい。


ノーマルカラーもいい色ですよ。
スポンサーサイト

コメント

人工インコ

生き物全般に言えますが、最近のインコは、微妙に小型化していると思います。
なんでも野生種が正常な遺伝子なので、強いです。
セキセイインコはルチノーとブルーがとくに人気です。

ルチノーは少しですが、膵臓や胃袋に先天的疾患があると聞いた事があります。
アルビノに続き、ダブルファクターなど羽根などにウロコがないカラーは、虚弱に思います。


並セキセイインコは、業界全体でもっと復活して欲しいです。

No title

貴重なご意見ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ぴろり

Author:ぴろり
元ペットショップ店員、ペットケアアドバイザーで、現・鳥のおもちゃ屋「ぴろりふぁ~む」店長

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ