ワシントン条約

よく野生動物やペットの話題にあがる条約の名前だが、
あまり詳しく知らない方も多い。

1871年にアメリカとイギリスの間に結ばれた、南北問題のあれではない。

1973年にアメリカのワシントンで結ばれ、1975年に発効した、
野生動植物保護のための国際条約のことをいう。

正式名は
「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」で、
これの英名の頭文字をとって、CITES(サイテス)と呼ばれる事も多い。

日本もこれに1980年に参加している。

この条約では、絶滅の危機に瀕している動物を保護するために
様々な規制があり、ランクとして3つに分けられている。

よく、1類、2類などと言われるのはこのランクのことで、
1類が最も絶滅の危機に瀕した動物の保護規制として一番強い。

簡単にまとめると・・・・

1類・・・今すでに絶滅する危険性がある生き物が属す。
例)ジャイアントパンダ、ゴリラ、オランウータン、トラ
商業のための輸出入は禁止

2類・・・国際取引を制限しないと、将来、絶滅のおそれがある生き物が属す。
例)カバ、ペンギン、植物
インコのほとんどはこの2類で輸出入許可書があれば取引できる

3類・・・・生息国が、自国の生き物を守るために、
国際的な協力を求めている生き物が属す。
例)ボツワナのタテガミオオカミなど・・・輸出入許可書があれば取引できる

鳥類では、オオバタンやスミレコンゴウ、魚類ではアジアアロワナなどが
1類でありながら商業ベースで取引されているが
これらは正規ルートでの輸入が認められている。
この事については後程別記する。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ぴろり

Author:ぴろり
元ペットショップ店員、ペットケアアドバイザーで、現・鳥のおもちゃ屋「ぴろりふぁ~む」店長

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ