ボレー粉

シードを主食とする鳥の補助食として「ボレー粉」というものがあります。
カキの貝殻を粉砕したものを「ボレー粉」というのですが、カキを漢字で「牡蠣」、これをボレイと読んでボレー粉になったんですね。

32.jpg
「ボレー粉」  牡蠣の貝殻の粉砕したもの

これを与える理由は、シードに不足する「ミネラルの補給」です。

ボレー粉というものは一見固くてそのまま糞に出されてしまいそうですが、消化器官内で容易に分解吸収されます。砂のうの砂のように消化を助けるものではなく、消化されてしまうものです。

鳥には「砂のう」という器官・・・俗にいう「砂ギモ」の部分ですが、そこに小石を蓄えてシードの消化に役立てます。その砂の補給としてボレー粉を与える方もいますが、このボレー粉は砂のうに蓄えられるものではなく、消化して吸収されてしまうものですので、砂の代わりにはなりません。

これについては、「豆知識:鳥の餌」での「補助食:ボレーとグリット」でも詳しく触れていますので、そちらもどうぞご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ぴろり

Author:ぴろり
元ペットショップ店員、ペットケアアドバイザーで、現・鳥のおもちゃ屋「ぴろりふぁ~む」店長

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ