わさびちゃん

PC買い替えなど忙しくなる前、
ちょうど「この季節なのに雪が降るかも?」なんてニュースでやっていた頃
サザナミペアのメス親「わさびちゃん」が亡くなってしまいました。

そう、桜が咲き始めたころに
春以上の暖かさになった翌日に急に冷え込み、
ところによっては雪!?なんて天気予報が流れた日、
わさびちゃんの異変に気が付いて対応しました。

でも、わさびちゃんは元々我が家に来た時から
鼻の穴が変形して、片方だけ大きくゆがんだ形になってました。
これは以前に風邪を長引かせた証拠。
来た当初は全然元気だったし、そんな兆候も全くなく元気。
でも気温差のある日には、少しだけ呼吸が荒いのは前から気が付いていた・・。
見た目は元気でしたが、慢性的な呼吸器疾患を隠していたのは確か。
隠していたので具合悪い時に受診しないと診断できませんよね。
サザナミはそういう傾向が高いと思います。


だから少しおかしいと思った時点で手は打っていましたが・・・。
年齢的にもちょっと・・・。
我が家に来た頃にすでに5、6才と言われてましたので
もう8、9才ですかね?
少し前に巣箱を入れて卵!だなんて言っていましたが
卵が消えてからはもう産卵は期待せずに発情餌もやめており、
ただ夜は仲良く巣箱に入って寝るので保温のために巣箱を入れてました。

一羽残された「からし君」。
いっそ、こぶちゃ君@サザナミやプーちゃん@マメルリハと仲良くしてもらう?
なんて考えたり、寂しくないようにケージを置いたりしましたが・・・。
なんだか一羽でのんびり生活しています。
のんびりというのは、ケージの中で金網に頭を擦り付けてゴリゴリ頭掻いたり、
突然ボボボボッとホバリングしてみたりと、
かなり自由でマイペースな生活。
元々手乗り出身の彼なので、
いっぱい声をかけてあげたら意外と落ち込むことはないようです。
今はからし君も手乗りに戻れるかちょっと挑戦中。

だからわさびちゃん、心配しないでね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ぴろり

Author:ぴろり
元ペットショップ店員、ペットケアアドバイザーで、現・鳥のおもちゃ屋「ぴろりふぁ~む」店長

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ