暑さと湿気とペット

暑いですね~。
もう朝から本気で暑いんですよ。
どうなっているのでしょうか、この気象。

暑さもそうですが、
この湿気の高さも異常です。

我が家にはヒョウモントカゲモドキというヤモリがいるのですが
毎年「もういいです」というくらい卵を産みます。
そしてほぼ完璧に「無事に孵化」します。

ところが今年は何故か途中で卵がダメに・・・。

あきらかに途中まではすくすく育っているのに
突然卵にハリが無くなり・・・死んでしまいます。
これらの卵はペット部屋にあるので
あまりに暑い日は隣部屋からの冷房で暑すぎないようにしてますが
・・・湿気です!

卵がダメになるのはムンムンした日の翌日。
毎年カメの卵はその湿気の調整が難しくてダメにしてしまうのですが
このヤモリは全然平気。
それでも今年最初にヤモリの卵がダメになった時から
湿気の調整をしてきたのですが。

おととい、また卵がダメになりました。

むー。今年、オカシイよ。

数年前は暑さのせいでシロハラインコが吐いたことがあったけど
それ以来、鳥が調子を崩すことはなく。
あ、ただ、やっぱりキンカチョウの中で
お年寄りの年齢に達した子たちは夏バテしてますね。
特に理由もないのに食欲が落ちて床にいたり、
眠る時間が増えたり。
調子悪いのかと隔離しても、元気な時は元気。
そういう子達は「老鳥ホーム」を作ってゆっくりした生活にしてます。

ハムスターはべったり伸びてます。
時には滑り台の途中でひっかかるように寝てる・・・。
これは見た目は落ちそうでハラハラですが
結構気に入っているみたい。

カメは・・・・あんまり関係ないみたい。
ただ、やたらと食べます(笑)
暑い盛りの時間帯、鳥も静かにお昼寝しているのに
ガタゴトガタゴト、カメが動き回ってウルサイ。
4匹いますからね、4匹分のガタゴトですよ、とほほ。

そんな中、またもやサザナミ夫婦は抱卵開始。
暑いから休んでもらおうと思ったのですが
少し休んだらヤル気満々!
巣箱が無いとイライラしてケンカ。
とりあえず巣箱だけいれて入り口ふさいで・・・
と思ったら、いつの間にか入り口こじあけてるし。
さずかにのキンカも産卵やめているのにね。
おそるべし、サザナミ夫婦!
スポンサーサイト
プロフィール

ぴろり

Author:ぴろり
元ペットショップ店員、ペットケアアドバイザーで、現・鳥のおもちゃ屋「ぴろりふぁ~む」店長

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ