アメリカ便

何だかこちらの更新がお久しぶりとなってしまいました・・・。
すみません、貧乏暇なし、ぴろりです(笑)

アメリカ便の荷物待ちになっております。
ミニマラカス、ビーバーブロックなどお待ちのお客様はも少しお待ちくださいませ。
申し訳ないですっ。
たくさん頼みすぎたので、(先方が)数をそろえるのに時間がかかりそうです。

さて、春ですねー
愛鳥さん達は発情スイッチ入ってしまっている子も多いのでは?
我が家のシロハラもスイッチオン
面倒な時期になってますよ・・・トホホ。
私には何でもないのですが、特定の家族にだけ攻撃モード。
何もしていないんですけどね。
私が声かけた嬉しさでスイッチオンになるので
元々はヤキモチから来ているようです。

新しいオモチャを与えても
「いま、そんな気分じゃないから!」と勝手に張り切っている様子。
よし、じゃあもっと面白いオモチャ作るから!

そんなこんなの毎日を過ごしております

早くアメリカ便届かないかなー。
スポンサーサイト

更新が・・・

こんにちは、ぴろりふぁ~むです。

更新がずいぶんと開いてしまってました。
途中、何度か書きこんだのですが、ちゃんと反映していなかったという・・・
結構長文書いたのにな・・・落ち込みMAXです。

さて。
ぴろりふぁ~むの営業自体はいつも全開!
商品の在庫製作とアップはちゃんとやっております。
そろそろ、パーツの仕入れアメリカ便をまとめなくてはいけないのですが・・・・
このパーツはあちら、あのパーツはあちら・・・とまとめ切らず。
すみません、もう少し整理してからの輸入仕入れとなりますっ。

ところで。
先日からペットケアアドバイザーとしての仕事が多くなっています。
犬猫ショップでの飼育相談、獣医との情報交換、動物専門学校への訪問・・。
そんな機会もありまして、ますますアドバイザーとして何かがしたいという気持ちが強くなっています。

何ができるのか。
何もできない、何も変わらないかもしれません。

でも、今ってペットの事を聞いてみたいけど、聞ける場所って少ないですよね。
ネットで調べることはできるけど・・・真逆の情報も載っていたりして
何を信じたらよいのかわからない。

私ができることと言えば、その内容に対して客観的な意見を言い、
どうしたらいいか、一緒に考えること。それだけ。

でも、それが時には飼い主さんにとっては目から鱗の話だったり、
あるいは迷っていた事の決断につながったり
あるいは結論が出なくても一緒に考えてもらったたけで気が楽になったり。

今までよりもっと、そんな活動の場を広げたい。
そう思う出来事が続いている毎日です。

という訳で、そんな活動を細々やりながら中々更新は出来ていませんが
ぴろりふぁ~むはちゃんと、すーっと続けますのでご安心を(笑)

ヨウム一類に。

先日、「豆知識:飼い鳥の用語解説」に
ワシントン条約について書き加えました。

なぜならば。
今年のワシントン条約にて、ヨウム
一類に格上げされたからです。

21047149_248.jpg

ネット上では、ヨウム飼い様方の間で
わぁーーーっと情報が右往左往したようですので
ちょっと待ってね
という意味も込めて、書き加えたものです。

今回の一類格上げの意味は、
これ以上、野生のヨウムを商業目的でとらえて売買されるのを
防ぐというのが第一目的。

飼育を取り締まるものではありません。

今後の商取引において、それが正規のものかどうかの
確認が必要であるというもので、
今、飼育している方々に
何ら取り締まりや飼育条件などが問われるものではないのです。

では何で皆さんオロオロしているのか。

ただ飼育する分にはそのままで結構。
しかしヨウムは長命。
もしかすると、飼い主のほうが先に・・・なんて事もあり得ます。
この時、ヨウムを子供や知人に譲り渡す時に
このヨウムと共に必要な書類が発生します。

つまり、
そのヨウムは新しく輸入したものではなく、
以前から飼育されていたものである事を証明する書類です。

この書類の一つが「登録票」となります。

実際のヨウムについての条約規制は年明けからと聞いています。
それ以降、輸入されるヨウムには正規である書類と共に輸入され
一羽ごとに「登録票」が付属します。
今後はこのヨウムの売買には、
必ず鳥と共にこの登録票がついてまわります。

この登録票をすでに今飼育されているヨウムにも適用されます。
登録票には、そのヨウムの特徴が記載され、所有者が明確にされます。
譲渡で所有者が変わる際には、変更手続きが伴うのです。

で。
ここから。

登録票の登録申請は急ぐ事はありません。
そもそも、新しく輸入されるヨウムの登録も年明けからですし、
手続きを行う「一般財団法人 自然環境研究センター」」も
まだ受付は始まっていません。

詳しくはコチラ↓
http://www.jwrc.or.jp/cites/index.htm

飼育されている方はそんなに慌てなくていいのですが・・・
問題は、その書類申請に必要な
「長年飼育してきた事の証明になるもの」なんですよね。

大手ショップからの購入などで、販売書類がショップに残っているとか、
購入時のレシートや色々な記念のもの(繁殖証明とか)があれば
問題ないのですが・・・・

ショップが閉店している、そもそも人から譲り受けた鳥である、
などで入手が出来なくなっている事が多いので
はてさて、どうしたものかと。
そこが実際のところ、右往左往してしまう原因のようです。

慌てる事はないですよ。
購入時に撮った写真や、誕生日ごとに撮った写真。
なんでもいいですし、とりあえず用意してみてください。
そして書類申請時に聞いてみてください。
分かりやすく説明してくれます。
あ、でも混雑時には、同じような問い合わせが集中して
丁寧な対応できなくなるかもしれませんので
慌てず、情報収集だけしておいてゆっくりやりましょう!
もう飼育している子ですから、
それについてあれこれ言われる事はありません。

ざっくり書いていますが、詳しい事は
先ほどの自然環境研究センターにお問合せください。

そうそう、それと。この機会に。
ぜひ、ヨウムの原産地での実情を知っていただきたい。

日本では「え?ヨウムが絶滅の危機!?こんなにいるのに?」
という感覚だろうが、
それは海外の繁殖場で繁殖された子が
コンスタントに輸入されているため。

原産国では、野生のヨウムが大量に密漁され、
狭いケージに押し込められ、到着地まで持つかどうか・・・・。
その野生ヨウムが未だにかなりの数売買されていて、
実際に原産国において、今規制しないと絶滅の危機がくる
という事での一類格上げなんです。

ついつい長くなってしまいました。
画像は以前製作販売した、和のヨウムさんです。

いつも通り

先週は当店では珍しくお休みを頂きました。
ありがとうございます。

法事で島根へ行っておりました。
そう、ぴろりふぁ~む、休むといえば
「法事で島根」ばかりですねー。
ペットがいるから、あまり外泊しませんので。

神奈川県から島根県へ。
なんと、車での旅です。

途中途中で、いつもご来店いただく常連様の
ご住所あたりだと思えば、心の中で手を振って・・・

はい、車での長時間ドライブは無駄にテンション高かったです(^^;

で、もちろん島根に行ったら

松江フォーゲルパークです。

何回行ってんだ?
もちろん目当ては鳥さん。
オニオオハシにも触れてきました。
昔、ショップ店員時代にお世話してたんですよ。
ペンギンもいたけど、私はオニオオハシ(^-^)/

長旅のあと、預けていたペット達を回収にまわり
興奮気味の子などのケアをして、
ようやくいつも通りの生活に。

お休み期間中、ご注文を待って頂いたお客様、ありがとうございます。

商品に売り切れが出てきました。
頑張って製作・アップしますので、のぞいてみてくださいね!

悩みどころ

法事から帰ったら・・・・

少し考えていることがあります。
以前より作り貯めていた、鳥の粘土フィギュア

いよいよ販売しようかなと。

でもどうしても手放すには後ろ髪ひかれて・・・(苦)

だって、一羽一羽、すごい愛情かけて製作してるんですもん!
最初は自分に一つ製作して・・・
お友達に差し上げるために他の種類のインコも作って・・・
そしたらどんどん他の種類も作りたくなって・・・
たくさん作ったら販売しようと思って作りまくって・・・

で、いざ販売できる位の数になったら、売るの惜しいだと!?(笑)

あ、そういえば。

猫の粘土フィギュアがありまして。
犬猫ショップで委託販売してもらっていたのを引き上げてきたのです。

その犬猫フィギュアの作り途中だった子を色塗りしました。

これ

IMG_5217.jpg

まだ仕上げ塗りしていません。
この子は他の子とちょっと違ったポーズの試作品。
他にもいくつか塗りました。

IMG_5218.jpg

ピンボケしてるけど、
ちょこんとして可愛い♪
・・・なんて言ってると、また売れるのが寂しくなりますね。

で、鳥のフィギュアってこんなやつ・・と撮影していたら・・・・

IMG_5216.jpg

アイツが見にきましたよ。アイツが。
アロワナ君です。

アロワナは魚ですが、実は飼い主を見分けられます。
今、PCしているのも水槽の前なのですが、
私が何か変な物を持っていると近くまで来てこちらを水槽内から見ています。
いつも私を見に来るのに、来客があると水槽奥に引っ込み、
帰るまで水槽内手前には出てきません。

だからアロワナ、やめられないんだよねー。

・・あ、脱線。
さて。鳥フィギュア売るか。
悩むので、先に犬猫フィギュアをぴろりふぁ~むで売るか。
いやいや、ぴろりふぁ~むならヤッパリ鳥フィギュアだろ・・・。
法事へ行く間、悩んできます(^-^;)
プロフィール

ぴろり

Author:ぴろり
元ペットショップ店員、ペットケアアドバイザーで、現・鳥のおもちゃ屋「ぴろりふぁ~む」店長

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ