発情餌

フィンチやインコ類の繁殖の際に、雌雄ペアの発情から求愛行動、繁殖行動をしっかりさせてヒナを得るための成功度をあげるものとして、「発情餌」があります。鳥を発情に導くための餌ですね。

「発情餌」として一般的なものは、卵餌です。

昔からある発情餌・卵餌は、「ゆで卵の黄身」。

ゆで卵を半分に輪切りして、そのままボレー入れなどにすっぽり入れ込んで与えると、カナリアなどは自分で黄身の部分をほじくって食べます。小さいフィンチや、イタズラして散らかすインコなどには、黄身をほぐしてボレー粉入れなどに入れて与えるといいでしょう。傷みやすいので毎日取り替える必要があります。

市販品では、「卵黄粉」、「卵黄ペレット」などの名前で販売されています。

これらはゆで卵の黄身を食べやすい形状に加工したものです。加工したものですから多少栄養価が落ちますが、毎日ゆで卵を作れない場合に重宝します。やはりボレー粉入れなどの別の容器に入れて与えたほうが、どの位食べたのかが見て分かるので便利ですし、毎日の交換がしやすくなります。

food6.jpg
「シードに卵黄粉をまぶしたもの」 すぐ使い切るならこんな与え方もあります

フィンチにもインコにも与えやすくて食べやすく、人気があるのが「エッグフード」です。

卵黄にパン粉を混ぜたりして食べやすくパサパサにしたもので、シンプルなものから、ビタミン・ミネラルを添加したもの、虫を砕いて入れたものなど様々あります。加工食品ですが自然の形により近く、鳥も喜んで食べます。

また、それらよりも更に与えやすく鳥が抵抗なく食べられるものとして、「粟玉(あわだま)」があります。

100.jpg
「粟玉」 ムキフワに卵黄をからめ、乾燥したものです


これは、ムキアワに卵黄やビタミン・ミネラルなどを添加して干したもので、「ヒナの育成用フード」としても知られています。昔の先人などはこの粟玉も自作で用意し、その鳥の種類によって卵とアワの比率(濃度)を変えて使用していました。市販品ではやや卵黄濃度が薄いものもあるようですが、与えやすく鳥も慣れていて食べやすい餌です。主食に混ぜても良いですが、発情餌としてはやはり別の容器で与えて減り具合を確認したほうがよいと思います。

少し変わったところでは、虫餌も発情餌となります。

例えばウズラやキジ類などは虫食が発情餌になるのではないでしょうか。外国産野鳥や一部のフィンチなどは虫を与えると成功率高いものが多くいます。ですが、生きた虫を与えるために毎日捕まえるのは大変です。・・・実はその餌用の虫も市販されています。

代表的なものは、「ミルワーム」です。

ゴミムシダマシという虫の幼虫を養殖してパックに入れて販売されています。野鳥のヒナを保護した時や、トカゲやカエルなどを飼育する際の餌として使われます。栄養価としてはそれほど期待できずこればかり与えてしまうのは良くありません。また虫の外殻も固くて消化しにくいので与えすぎに注意が必要です。

他に、「ビタミン剤」添加など、繁殖準備期間にきちんと整えておくと成功率は高くなります。

通常のビタミン補給は青菜だけで充分に与えていても繁殖期にはたくさんの栄養素を消費しますので、添加して補ってやると成績が良くなります。特に「ビタミンE」は繁殖行動を助ける働きをします。「ビタミンE」単品の栄養剤も市販されていますが無ければ総合栄養剤でも良いでしょう。普段よりも細やかな栄養バランス修正をしてやる事で、より丈夫なヒナを得ることができます。

そして重要なのが、それら発情餌の「与え方」

ペアを決めて組んだら、巣のあるケージに同時に入れ、巣材と発情餌を毎日与えます。約一週間ほど与え続けると、ペアの仲が良くなり、やがてメスが巣にこもって産卵し始めます。そうしたら、発情餌を一旦取り上げます。

産卵し始めてからもダラダラ発情餌を与え続けると、メスは落ち着いて産卵・抱卵したいのに、オスはずっと発情したままでメスに求愛し交尾のために追いかけまわしますので、卵をダメにしてしまう事が想像されます。ですので一旦取り上げ、ヒナが孵化した事を確認できたら、今度は同じ発情餌を「育雛餌」としてヒナの給餌用に与える事を再開します。
スポンサーサイト

青菜

小鳥の餌として定番のものに「青菜」があります。

セキセイインコや十姉妹などの小さな小鳥の定番の餌は

皮付き餌やムキ餌などの主食となる穀物の「配合餌」
カルシウム源となる「ボレー粉」「塩土」
食べて砂のうに入れ消化を助ける「グリット」
そしてビタミン源となる「青菜」です。


青菜とありますが、何でもいいのでしょうか?

スーパーなどで手に入るものですと、チンゲン菜、ほうれん草、小松菜、サラダ菜、レタス、キャベツ、白菜・・・。代表的なものはそんなところでしょうか。

ざっくり言いますと、青菜として与えるものは何でもいいです。・・・ざっくり言い過ぎですかね?

鳥の青菜と言えば、小松菜!!

という小松菜伝説がありますが、私は特にこだわりません。
そうそう、キャベツは良くない!!というキャベツ伝説もありますがこれも私は「絶対与えないぞ!」なんて決めていません。

・・・言わせてもらえば、どんな説も根拠をまず知って正しく理解しなくては。

食品成分表ってありますね。
色々な食材を、たんぱく質だのビタミンだのの色々なデータを載せたものです。昔は本屋で買ったり図書館で借りたりしなくては読めませんでしたが今はネット上でも食品成分表が見られますので、ちょっと覗いてみましょう。

まず、大きくまとめて「野菜」を見てみましょう。

色々な栄養素の数値がありますが、それは野菜によってかなり様々であることに気がつきます。

例えばアスパラガス。
生のアスパラガスは緑色をしていて、ビタミンAもそこそこの数値があります。ですが、缶詰の白いアスパラガスは、ビタミンAに対して全く期待できません。

オウムなどが大好きなコーンは、カロチンがまぁまぁ含まれますが、カルシウムとリンのバランスがかなり悪いです。

それでしたら、同じくカルシウムとリンのバランスは悪いのですが、赤ピーマンや黄ピーマンのほうが、はるかにビタミンA量が多いので鳥に与える利用価値があります。

チンゲン菜やほうれん草、ダイコン葉などはカロチンも多く含むのですが、実は鉄分も多め・・・。鳥の種類によってはあまり与えすぎないよう注意です。

そんな中、小松菜は・・・・

色々な数値をみても安定していて「無難」なんです。これが小松菜伝説の真相(笑)

キャベツ伝説ですが・・・・。

キャベツやカラシ菜などの、アブラナ科の植物には「ゴイトロゲン」という成分が含まれており多量摂取すると、甲状腺機能低下症(甲状腺腫)を引き起こすことが知られています。

同様の伝説で、ほうれん草「シュウ酸」がカルシウムなどのミネラル類と結合し、吸収阻害を引き起こすということが知られています。

これは元々野菜を主食として与えるリクガメ類飼育上で強く取り上げられてきた話題ですが、臨床において実際に問題になることは非常に少ないという海外データがあります。

例えば、キャベツしか与えないで数年飼育したリクガメや、
ほうれん草しか食べないで育ったリクガメなどで
実際に障害が出るのかどうか?というレベルの話。

鳥の主食は何ですか?
キャベツやほうれん草が主食ではありませんね。
オヤツとして与えたそれらの野菜が、
鳥に悪影響を与えることはそうそう無いということです。
あ、もちろん、そもそも栄養的に問題がある子は別ですが。

例えば、産卵期には、ほうれん草は与えないなどの工夫をすればよいのです。そのためには「情報をきちんと正しく知ること」。何がダメ、あれは良くないらしい・・・などに惑わされず
情報をいくつも調べて、自分で是非を判断できる知識をつけるのが飼い主さんの責任かもしれません。

・・・私はそれらの情報に振り回されるのではなく、
バランスの良いビタミン摂取をするための
バランスを考えた食餌を提案します。

食品成分表を見てみると、野菜は、それぞれ個性的な栄養素バランスを持っています。

あるミネラルが豊富だったり、
ビタミンAが豊富だったり、
他の野菜にはあまり無いビタミンが得意だったり


悪い、悪い、ばかりを見ていたら、すべてが与えられなくなります。野生の鳥さんは決してそうではないハズ。

特定の野菜を決めず、色々な野菜を満遍なく食べられる環境。

これがバランスの良い食餌を取る秘訣で、
一番からだに良い方法だと思っています。

買い物に行って、「鳥の青菜」として買わないでください。
そうすると小松菜ばかり買ってしまいます。

これから人間の食事にサラダを必ずつけてみませんか?
鳥と一緒に食べられるメニューです。

人間用ですから、今日はキャベツサラダでも、昨日はハーブサラダ、今度はピーマンを乗せて・・・とメニューが豊富になるハズです。ドレッシングをかける前に、鳥用に取り置いてくださいね。これだけで様々な栄養が摂れるようになります。

ビタミンAをたくさん摂って欲しい時は・・・
ニンジン、赤ピーマン、カボチャ、ほうれん草など

ミネラルを摂って欲しい時は・・・
サニーレタス、ブロッコリー、グリンピース、ゴマなど
        
そんな感じで、青菜の種類を選んでサラダにするのも楽しいです。バランスを取りたいのですから、食品成分表でがっちり調べて・・というより、メニューを増やすことを重要にしてくださいね。

ぴろりの青菜ワンポイントでした。
今度は、青菜が嫌いな鳥さんについて書きたいですね。

鳥用ビタミン剤・ネクトンS

この前の「豆知識:鳥の餌」のお話でも取り上げた、
鳥専用ビタミン剤について、
今回は、たまたま新しいのを購入する時期だったので
ここで画像つきで紹介してみますね。

nekton
「ネクトンS」 鳥類用総合栄養剤

画像の商品は、「ネクトン社」というメーカーの鳥専用・総合ビタミン剤で、「ネクトンS」 というものです。

量的には小さな小瓶という感じですが、お値段的には中々の存在感で、たいてい1,700円ほど。賞味期限がありますので、セキセイ一羽では使い切るかどうかという不安はありますが、おそらくこの35gというのが一般的に見かけるサイズです。20gというのもありましたが、今は日本ではあまり見ないですね。

このネクトン社の栄養剤は、結構歴史があり、動物園などでも使用されています。鳥用が有名ですが、実は爬虫類用、犬用、ネコ用というのも製造されているんですよ。でも日本ではたまに爬虫類用を見かける程度です。

いくつかある鳥用の中で、この緑パッケージの「ネクトンS」は総合ビタミン剤になります。

各種ビタミン、ミネラルのほか、シード食に不足がちなアミノ酸まで含む、総合ビタミン剤・・・いや、ビタミンだけじゃないですね、総合栄養剤です。我が家もシード食のキンカチョウに与えています。

与え方については説明書が入っていますが、この通りに与えるとちょっと濃いかな?と思います。初めて使う場合には最初は鳥が警戒するかもしれません。ビタミン剤なので少しドリンク剤のニオイもありますし、水に溶かしてあたえると水に色が付きますからね、敏感な鳥さんは「いつものじゃない!」となると思います。

毎日の食餌に足りないものを少しだけ、このサプリで補う。それでしたらこのネクトンSで十分です。アミノ酸も含まれているので、ちょっとした羽毛の生え変わりなどにも栄養を補い、キレイでしっかりした羽毛を作り出します。

通常は不足気味な栄養を補う意味で与えますが、人間のドリンク剤と同じように、

ちょっとした体調下降気味や
成長期に追いつかない栄養の補助、
お年寄りの栄養補給や、
闘病後の回復養生期に、
など、

体の働きをいつもの状態に戻すために補うという使い方もありますね。

私はこのネクトンとは、かれこれ20年以上の付き合いです。

ペットショップ店員時代にもお店で使っていました。お店ですから、量も多く、大きなボトルでしたね。もうあんなサイズで購入することは無いだろうなぁ。

他のビタミン剤も色々使ってみました。ネクトンは粉末なので、湿気で中の粉末がベタベタにならないように冷蔵庫に入れたりする工夫が必要ですが、その点以外では他のメーカーのものよりも使いやすかったですね。使い慣れていた、と言えばそれまでですが。

さて、今回から新しいネクトンSです。
内蓋のアルミに爪楊枝で穴を開け、飲み水に2、3回ふりかけて使ってます。

ビタミン類

鳥にも人間にも、すべての生き物に対して大事な成分として
「ビタミン」が知られています。

ですが実はこれは、無くてはならないものですが
直接からだに働くものではないという微妙な存在のものでもあります。

簡単に言いますとビタミンとは
体内の代謝に欠くことのできない有機物です。

これらは直接、
エネルギーになったり骨や筋肉になったりはしません。

新陳代謝の際に、色々なからだのシステムに働きかけ、
新しい組織を作る手助けをしたり、
循環をスムーズに行なうための働きかけをしたりと
重要な仕事をもっているものなのです。

ビタミンには大きく2つの種類に分けられます。

・脂溶性ビタミン
・水溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは脂分に溶ける性質をもっており、
・・・ということは体内の脂肪分に溶けて蓄積されるわけですから
過剰に摂取され続けると「過剰症」の心配があります。

例えば

ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンKなどです。

水溶性ビタミンは水に溶ける性質で
過剰分は体内の水分、
つまり尿と共に排出されますので蓄積しません。
ですから「過剰症」の心配はありませんが
むしろ「欠乏症」の心配があります。

例えば

ビタミンB群(B1、B2、B6、B12など)
ビタミンCなどです。

そしてこれらのビタミンは単品で働くことは少なく
むしろ様々なビタミンや酵素などと共に働きかけますので

ここが大事なのですが

バランスよく摂取することがとても大切
になります。

ちなみに動物によって、そのビタミン必要量が異なります。
哺乳類、もっといえば犬とネコでも最低必要量は異なりますし、ウサギとモルモットでも違います。そして鳥も、種類によって異なるのです。

ですから私は鳥には鳥専用のビタミン剤を使います。
小動物用が広く安く市販されていますので入手しやすいのですが、鳥専用でしっかりした品質のもののほうが
効き目が良いと感じているからです。

元ペットショップ店員でアドバイザーの資格も持っているという仕事上、いろいろなものを自宅の子たちで試しながらその商品や効能を確かめているのですが、実際に小動物用のビタミン剤を使った時よりも鳥専用のビタミン剤のほうが効き目がより早く感じました。

ただでさえ、
ビタミン剤の効き目なんて分かりにくいですよね。
だって、ビタミン剤というからにはビタミンが入っているのですから、からだに悪いわけじゃない。小動物用を使ったって、何かしらの効能があるわけです。


例えば換羽中の子たちに、一方は小動物用、一方は鳥専用で使用してみたり、小さくて弱そうな卵を産んだ鳥に対して与えてみたりして、その新しく生えた羽毛や、次の卵を確認していくのです。
個体差はあるし、データをしっかり取るわけではありませんが、小動物用で「普通の羽」が、鳥専用では「色の濃い芯のしっかりした羽」に、小さい卵から立派な卵を産めるようになるまでの日数やその大きさなどに、その効き目と効き方の早さを感じました。


そう、バランスなんです。

鳥専用のビタミン剤は鳥専用のバランスを考えられているのです。
だから効き目が早い。つまり吸収されやすい。
私はそう感じて使っております。

飼育する鳥の種類やビタミン剤の与え方などで違いはありますが、
何か鳥に不安や不満があれば、使ってみるのも手です。

あ、時々ビタミンに頼りすぎる方もありますが、過剰は厳禁です。良質ペレットを与えているなら、含まれているビタミンバランスも良質ですので、あえて加える必要はなく、むしろ過剰になります。

また、高品質のサプリメントを複数与える場合も、含まれるビタミンのどれか単品だけが過剰になってしまうこともあり、バランスを崩してしまって、すべてをダメにしてしまうことがあります。

本来、ビタミンは果物や野菜で摂取するもの
それが一番自然で、一番からだに摂取されやすいものであることをお忘れなく。
毎日の果物・野菜をバランスよく与えられない場合に、補助としてビタミン剤を使うということを覚えておくといいですね。

我が家のシロハラインコはペレット食なので
ビタミン剤は使わず、果物を適度に与えています。

キンカチョウなどのフィンチは青菜を与えますが
シード食であり、青菜に含まれにくいビタミンのために
毎日ではなく時々鳥専用ビタミン剤を与えています。

ヒマワリは悪か?その利用方法

いきなり変なタイトル・・・。

「ヒマワリは悪か?」

最近の世の中の鳥餌の傾向を見ますと、何だか「ヒマワリは脂肪ばかりでよくない」とだけ言われています。

とにかく脂肪分が高く、鳥が太りすぎたり、栄養バランスが崩れたり、偏食がちになるので良くない。うーん、それは確かに合ってはいるのですが・・・・。

私はヒマワリのすべてが悪だとは思っていません。日本やアメリカだって、古くはヒマワリでオウムを飼育してきたのですから利点はあったはず。

要は「与え方」「利用の仕方」だと思うのです

ヒマワリばかり、ヒマワリだけ、はダメです。
これは論外。
古くからヒマワリ飼育してきた日本だって、これ以外に果物なども与えていました。

・・・んー、私が言いたいのは、

ヒマワリのような高い脂肪分も時には必要という事と、それがインコオウム類が食べやすくよく好む傾向があるという事を上手く利用しようってことです。

私はペレットもお勧めしています。

これも素晴らしい食餌ですし、我が家の鳥にも主食として与えています。ですが、ヒマワリも与えています。あくまでも主食のペレットの栄養価を妨害しない程度のオヤツとしてですが。

完全ペレットにしても良いのですが、ヒマワリというものを剥いて食べるという事も覚えておいて欲しいという思惑があります。これは具合が悪くなった時に少しでも好物を食べて体力維持させたい時にヒマワリが使えるし、そしてこの時にヒマワリの脂肪分はエネルギーとして消化吸収しやすいからです

それと我が家の鳥に関しては、冬場はペレットの脂肪分だけでは足りないようなので冬場だけヒマワリを増量して与えています。そのときによって、ヒマワリだったりピーナッツだったりしますが、要は脂肪分高いものを冬場だけ多く与えているのです。

すべての鳥に対してこれが当てはまるわけではなく、たまたま我が家の鳥がシロハラインコという南米産の鳥であったから、そのような利用の仕方で上手くいっているわけです。これをクサインコでやると・・・・まるでダメだと思います。シロハラインコだから、ヒマワリだったのです。クサインコにはクサインコの、お気に入りのシードで栄養価の高いものがあります。これはクサインコの種類や大きさによっても異なりますから、試行錯誤で調べてみましょう。

まずは飼育する鳥種を習性や原産地を調べたりして、よく理解し、そしてその鳥種の体質とその子の個性に合った食餌を色々調整してみると良いでしょう。

ちなみに、ヒマワリを利用してもよい鳥種は主に南米産の鳥だと思います。これはそれらの南米産の鳥たちの場合、与えた分だけいきなり太る、ということが少ないという経験からのものです。ただし飼育下では太りやすいボウシインコにはよく注意が必要です。それと病気や障害のある子などすべてには当てはまりません。オーストラリア産の鳥は、脂肪分の高い食餌よりも、良質の炭水化物の多い種子が良いようです。

いずれ、こうした単品ごとの餌の話も書きたいなと思います。

まとめ:
今日はヒマワリを敬遠ばかりしないで、
その中身(鳥種の中身もヒマワリの栄養の中身も)をよく知ろう!
ということを書きたかったのでした!伝わったかしらん?(汗)
プロフィール

ぴろり

Author:ぴろり
元ペットショップ店員、ペットケアアドバイザーで、現・鳥のおもちゃ屋「ぴろりふぁ~む」店長

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ