発情餌

フィンチやインコ類の繁殖の際に、雌雄ペアの発情から求愛行動、繁殖行動をしっかりさせてヒナを得るための成功度をあげるものとして、「発情餌」があります。鳥を発情に導くための餌です。

「発情餌」として一般的なものは、卵餌です。

昔からある発情餌・卵餌は、「ゆで卵の黄身」。

ゆで卵を半分に輪切りして、そのままボレー入れなどにすっぽり入れ込んで与えると、カナリアなどは自分で黄身の部分をほじくって食べます。毎日取り替える必要があります。

市販品では、「卵黄粉」、「卵黄ペレット」などの名前で販売されています。

food6.jpg
「シードに卵黄粉をまぶしたもの」 衛生上、使い切る量で与えます

これらはゆで卵の黄身を食べやすい形状に加工したものです。加工したものですから多少栄養価が落ちますが、毎日ゆで卵を作れない場合に重宝します。

フィンチにもインコにも与えやすくて食べやすく、人気があるのが「エッグフード」です。

卵黄にパン粉を混ぜたりして食べやすくパサパサにしたもので、シンプルなものから、ビタミン・ミネラルを添加したもの、虫を砕いて入れたものなど様々あります。加工食品ですが自然の形により近く、鳥も喜んで食べます。

また、それらよりも更に与えやすく鳥が抵抗なく食べられるものとして、「粟玉(あわだま)」があります。

これは、ムキアワに卵黄やビタミン・ミネラルなどを添加して干したもので、「ヒナの育成用フード」としても知られています。市販品ではやや卵黄濃度が薄いものもあるようですが、与えやすく鳥も慣れていて食べやすい餌です。主食に混ぜても良いですが、発情餌としてはやはり別の容器で与えて減り具合を確認したほうがよいと思います。

「豆知識:鳥の餌」から「発情餌」を引用しました。そちらには与え方なども書いているのでどうぞご覧ください。
スポンサーサイト

羽ジラミ

羽につく虫で「羽ジラミ」というものがいます。
シロアリが細長くなったような虫で、鳥の羽にくっついて住んでいます。

肉眼で見る事ができ、思ったより大きい虫です。
成虫では小さなアリンコ位あります。
ただし成虫の体の色は淡いベージュのような色をしており、
灰色や淡色の羽毛の上だと見分けにくいかもしれません。

この虫は、鳥に直接ダメージを与えるものではありません
羽のフケや皮膚のカスなどを食べています。
血を吸うようようなダメージは与えませんが、鳥にとって不快感は残すかもしれません。

羽ジラミは鳥の羽づくろいによって取り除かれますが、大量に発生した場合は羽づくろいでは取りきれず、羽毛自体にダメージを与えます。このような時には、薬で取り去ることもできます。

薬は獣医師の元で入手できます。羽自体に住むので、羽に直接薬剤をかける必要があります。
羽ジラミの感染ルートは直接感染。つまり羽ジラミのいる環境や鳥に直接触れることで感染します。

過去記事、「梅雨の管理:羽ジラミ」でも詳しく書いています。そちらもどうぞ!

ツガイ

繁殖用や、仲睦まじい観賞用としての雌雄のペアの事を「ツガイ」(番)と言います。

古い飼育本などでは、1ツガイの事を1番と書いている事もあり、今の時代では中々「ツガイ」とは読みにくいかもしれませんね。なので最近のペットショップでは、繁殖用や観賞用の1ツガイの雌雄を売る際に、「ツガイ」ではなく「ペア」と表記して販売している事も多いです。例えば「オカメインコ1ペア」というような書き方です。

すると、そこにはまたそれなりの勘違いも発生するようで、「1ペア」と書かれたオカメインコのツガイを前に若い2人が話しているのを耳にしました。「ペアと書いているけど、メス同士のペアかもしれないよね?雌雄という保証はないんでしょう?」だそうです。

つまり、ツガイなら雌雄の2羽と思えるのですが、「ペア」というのは例えば2人組のように男女でなくても女子同士でもペアを組めるという発想だったのです。そこで「雌雄ペア」と書いたところ、別の客の声をまた耳にしました。「ペアというからには雌雄でしょ?オス同士でもペアって売っているわけ?」

こうなると、もうどうして良いのかわかりませんね。

ボレー粉

シードを主食とする鳥の補助食として「ボレー粉」というものがあります。
カキの貝殻を粉砕したものを「ボレー粉」というのですが、カキを漢字で「牡蠣」、これをボレイと読んでボレー粉になったんですね。

32.jpg
「ボレー粉」  牡蠣の貝殻の粉砕したもの

これを与える理由は、シードに不足する「ミネラルの補給」です。

ボレー粉というものは一見固くてそのまま糞に出されてしまいそうですが、消化器官内で容易に分解吸収されます。砂のうの砂のように消化を助けるものではなく、消化されてしまうものです。

鳥には「砂のう」という器官・・・俗にいう「砂ギモ」の部分ですが、そこに小石を蓄えてシードの消化に役立てます。その砂の補給としてボレー粉を与える方もいますが、このボレー粉は砂のうに蓄えられるものではなく、消化して吸収されてしまうものですので、砂の代わりにはなりません。

これについては、「豆知識:鳥の餌」での「補助食:ボレーとグリット」でも詳しく触れていますので、そちらもどうぞご覧ください。

ペレットフード

ペットバードにおいて、「ペレット」とは鳥の総合栄養食として粒状に加工された餌のことを指します。

本来「ペレット」は餌だけを差す言葉ではありません。
粒上に加工されたもののことをペレットと言います。
例えば枕やヌイグルミの中に入っている粒状のプラスチックもペレット加工物ですし、木や砂を飛び散りにくい形にペレット化した猫砂もあります。ドッグフードなどもペレットフードの一つです。

とにかく本来は、粒状に加工したその「形状のこと」をペレットというんですね。

31.jpg
「ペレットフード」 無着色タイプ、円柱形状

日本の飼鳥の歴史の中で、シードを与えて飼うことが長く常識でいたため、ペレットという新しい存在はかなりのインパクトがありました。すでにウサギや犬や牛にペレット食を与えているのに、「鳥に粒状の加工した餌を与える」というのが衝撃的だったのです。そして、ラビットフードやドッグフードのようにバードフードと呼ばれることは無いまま、いつのまにか鳥のペレット食はそのまま「ペレット」と呼ばれるようになりました。

ペレットフードは、必要栄養素「蛋白質・脂肪・炭水化物(糖質+繊維)・無機物・ビタミン」をすべて配合されて加工されており、それと水だけで必要な栄養がすべて摂れるので、補助飼料は必要ありません。

原材料は各種シードがメインとなりますが、不足しがちなアミノ酸なども添加されて加工してあります。また、カルシウムやミネラル不足を心配してボレー粉などを加える必要がありません。しかし、青菜やボレー粉などは少量でしたら、「メニューの色づけ」として添加することを推奨しているメーカーもあります。

鳥のくちばしの大きさや形、食べやすさという点から、各メーカーそれぞれ独自の粒の形を開発しています。食べやすいように柔らかめにしたり、砕きやすい粒だったり、シードのように少し口の中で転がして割るような固さの粒だったり、色々な形と色で飽きにくい工夫をしたり。以前はただの粒だったものが、今では飼い主も鳥も色々選べるようになりました。

この記事「ペレットフード」については、過去の記事より引用しています。詳しくは、カテゴリー「豆知識:鳥の餌」 の 「ペレットについて」をどうぞ!
プロフィール

ぴろり

Author:ぴろり
元ペットショップ店員、ペットケアアドバイザーで、現・鳥のおもちゃ屋「ぴろりふぁ~む」店長

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ