町田市のショップに!

通販オンリーより飛び出して店頭販売して頂ける機会を得て
いっぱい手にとってみて頂けるのがウレシイぴろりです。

そして
またまた都内のショップで販売開始しました!

「ペットフォレスト町田多摩境店」
〒 1940215 東京都町田市小山ヶ丘3-22-20
042-775-6781
1cd21a76575d.jpg

店内は広々~。
ゆっくりじっくりとお買い物できるお店です。
1cd21a765e63.jpg

京王相模原線「多摩境駅」から、
コストコやカインズ、トイザラス方面に歩いていってマクドナルドの隣です。

商品は既に先週末に、小型・中型鳥を中心に並べてあります。
商品はレジのそばですよー!
ぜひお立ち寄りの際はのぞいてみてください。
そしてぜひ触ってみてくださいねっ。

関連記事
スポンサーサイト

久しぶりの登場

お久しぶりです、源太君です。
あれ?源太君、初登場だっけ?
キンカチョウ手乗りの男の子です。

DSC_17851.jpg

巣材を入れてあげました。
・・・巣にね。

翌々日には全て取り上げて振り回しており、
夜には床に転がしてあり・・・

あれ?何だか片隅にまとまって置いてある。

・・・ここは源太君のお気に入りの場所。
もしや?

案の定、本日、新しい巣にぴったりハマッた源太君を
激写できましたーー(笑)

狭くね?源太くん、そこ狭くね?
といつも見かける度に聞くのですが
本鳥は中々気に入ってます。

私は朝一、源太君の姿が見当たらずに
毎回、ドキーーとしてますけどね、
そうすると、源太君、首を伸ばして
本当にこの画像のように「何?」と振り返るのです。

源太くん、可愛いのう~
関連記事

オモチャもチャレンジ!

店舗様での販売は、私の想像より順調のようです!
こちらの常連のお客様も、
店舗にわざわざ見に行ってくださった方もいて
感謝感激でございます

ぴろりふぁ~むのショッピングカートでは
画像の商品が実際にお手元に届くイメージを大切にしている為
ちょっとでも変更があればすぐ更新しています。
また、カラーやビーズなども「届くもの」を忠実に写してます。
(紫色が上手く撮れないのはスミマセン
小さな商品も「色が選べる」という楽しさを大切にしてます。

で、実は・・・。
店舗様で販売している商品のうち
例えばチャラベル、ハピネスなどいくつかのカラーがあるものは
当サイトでも販売していないカラー」を
販売している場合がございます。
ブルーのセキセイに似合うカラーや
パステルカラーなど、まだお試しとしての限定カラーだったり
ちょっと冒険的、遊び心で作ったカラーだったり。
いわゆるレアカラーでございます

実店舗での販売は手に取って選べる訳ですから
色々なカラーの中からおうちの子に合う色を選んで頂きたいですし
これがまた一番楽しい時間でもありますよねっ。

私も自由に製作できるので
「アキクサインコ・ローズ・バージョン」とか
「サザナミインコブルー専用(笑)」とか
勝手にイメージ決めて作ってます。たのしー

ぜひお時間ある時、のぞきに行った時に
お手に取って見てみてくださいね。
もし気にいって、もう一つ欲しいとかでしたら
メールでこちらにお問合せもオッケーですヨ
ビーズなどの在庫ありましたらご対応致します。

関連記事

毛引き症

毛引き症とは、自分の羽をむしったり抜いたり
ちぎったりして「自分をいじめる」症状を示すもので、
いわゆるストレス病の一つとも言われます。

よく「自分の鳥は羽を抜いてはいないから毛引きじゃない」と
言う方がいるのですが、羽毛を毛根から抜いていなくても
羽毛の先だけちぎって捨てたり
神経質に舐めすぎて羽毛が曲がったりというように
自分で正常な羽毛を異常にしているものは、
不安定な精神状態であり、
まとめて<毛引き症>と言う言葉で表します。

これがエスカレートした症状では、
<自咬症(じこうしょう)>といって、
羽どころか皮膚さえも自らの嘴で傷つけていく症状があります。
これは痛みに叫びながらも止められないほどの癖
になっている状態で、傷は治っても又いじって傷つけ、
どんどん拡大していきます。

ストレスからくるものなので
鳥それぞれに複雑かつ複数の要因が重なることもあり
原因究明と改善が中々難しくさせています。

手乗りの鳥が人間と遊びたいなどの気持ちが強まり、
上手く人間に伝わらずにイライラから症状に出たり、
雌雄ペアになっていたものが突然片方を失った淋しさや
相手恋しさなど、精神的理由からなることもあります。

繁殖期に限って毛引きを起こす子もいます。
これは相手の鳥との間で起こる発情や相性が理由ですから、
人間が改善策をとるにはやや難しいこともあります。

腸内寄生虫やオウム病などの病気からくる不快感からの
毛引き症もあります。
興奮すると体を掻き毟る代わりに羽をいじる事もあります。

人間の「爪齧り」や「指しゃぶり」などは
自身の情緒不安定を静めるための
無意識の行動(癖)の場合もあると言われますが、
鳥にもそれと同じような理由があるかもしれません。

羽を根元から抜くのだけが「毛引き」ではなく、
羽先をちぎったり、舐めて丸めたり、
羽繕いしすぎて擦れたりする
のも
見た目が違うだけで、症状としては同じです。
kebiki10.gif

当店の別サイトにおいて毛引き記録載せてます。
参考まで↓
http://www.geocities.jp/pirori2jp/chibiru.html
関連記事

ボンフレンドというオモチャ

当店のオリジナル「ボンフレンド」というオモチャ。
04a1502a7c469ebf15c35b76ade782ee.jpg


ヨウムの毛引き対策に開発されたオモチャです
色はヨウム色で上が灰色、下が赤。
モサモサにしたフリース素材です。

これを金網側面、止まり木のすぐ上に
まるでヨウムが止まり木にとまっているかのように
設置するのがポイントです。

これは毛引きをしているヨウムに与えて
「自分の羽を抜く代わりにこれをいじって気を紛らわせて」
というオモチャなんですよ

最初は怖がるかもしれません
実際のヨウムより少し小さめにしています。
このオモチャに慣らすためとはいえ
ケージ外の床にポイっと置いてはダメです。
「止まり木にとまったヨウム」に仕立ててください。
横たわって瀕死のヨウムにしては怖がりますよ(笑)
大事な大事なお友達感覚にしてあげてください。
ヨウム自身もこのオモチャを可愛がりだしたら
しめたものです。

今冬シーズン用に材料をそろえました。

小型鳥用には可愛いカラーのモフモフ「ボンフレンド・ミニ」があります。
白色オウム専用「ボンフレンドスペシャル・白」なんてのもありますね。

これらは、与える事で毛引きを防ぐものではなく
毛引き中の子に与える事で
自分の羽へ関心をこのオモチャにずらすものです。
全く健康、羽へのダメージ無い子に
最初から毛引き対策として与えるのは
ちょっと違います。

ふむふむ。なるほど。
さあ、大量に製作、開始です。
質問なども受け付け中。
右上「お問合せフォーム」から一言どうぞ♪

関連記事
プロフィール

ぴろり

Author:ぴろり
元ペットショップ店員、ペットケアアドバイザーで、現・鳥のおもちゃ屋「ぴろりふぁ~む」店長

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ